本文へスキップ

審査の甘い消費者金融

0

最終更新日 2015.4.20

多重債務でも借りれる金融会社

過去の融資実績を比較すると銀行系消費者金融よりも、いわゆる審査が甘い系列に属する金融会社のほうがはるかに高い融資実績を誇っているのは明白です。銀行系は審査が厳しく、リスクの低い顧客を選択して融資をします。

逆に審査の甘い消費者金融会社は少々リスクが高くても、融資を実行してくれますので非常に有り難い存在といえるでしょう。平均すると借入件数が4件を超えると審査が厳しくなります。

ローン会社

キャッシングローン会社にしても貸出リスクが高くなるからです。借入件数が3件以内なら大手の消費者金融で審査に通るでしょう。大手で借りるメリットは金利が低いのが魅力です。

但し審査が甘くないので、総量規制対象者やブラックの方などは100%審査に通りません。審査に自信のない方は中小や中堅の金融会社で借りましょう。

中小でも審査の甘いところになると借入件数が6件以上でもキャッシング可能です。お金の借り入れのことなら当サイト審査の甘い消費者金融をご利用下さい、借入件数の多い多重債務者でも融資可能な金融会社がありますので、あきらめずに申し込んでみて下さい。

借りやすいクレジットカード

ブラックと専業主婦

ブラックとは、金融機関が加盟する信用情報機関のデータベースに登録された事故歴のある顧客です。過去に自己破産や個人再生をした人はブラックリストとして登録されています。

通常は5年〜7年で削除されます。また、専業主婦とは収入の無い家事専門の女性のことで、以前は大手の消費者金融でも借りれていましたが、総量規制が施行されて以降、融資は出来なくなりました。

このブラックと専業主婦は通常のキャッシング会社では審査に通りませんし、どんなに審査の甘い中小サラリーマン金融でも可能性はありません。

無利息ローン

ただ、専業主婦については夫の承諾書があれば借りれるようですが、夫に承諾書を書いてもらうくらいなら、何もサラ金に借りに行かないでしょう。

確実に借りたいと思うなら、ヤミ金融で借りるという手段もありますが、これはお奨め出来ません。闇金融は多重債務者やブラック専門業者なので、余程のことがない限り、お金は借りれるでしょう。

しかし後が怖いです。法定金利以上の利息は覚悟しないといけませんし、もしも支払いが滞ったりすると厳しい取り立てが待っています。繰り返し言いますが、街キンで借りることは回避されたほうが無難です。

低金利で借りる

現在の法定金利は18.0%です。それ以上の利息を取ることは法律で禁止されています。

悪徳サラ金などは顧客の足元をみて違法な高金利をとっていますが、法定金利以上の金利を支払う義務はありませんので、もう一度自分の払っている金利を見直してみましょう。

一番低金利の消費者金融は大手銀行系のフリーローンです。大手五社の金利は概ね10.0%以下に設定されています。

サラ金業者

中小のキャッシング会社で15.0%前後、審査基準の甘い金融ローンで18.0%でお金を貸しています。たかだか0.1%違えども、毎月の支払いには大きく影響します。

金利が高いと利息に充当する金額が大きくなってしまって、元金への充当が少なくなり、いつまでたっても借入金額が減らないことになります。

もっとも消費者金融会社側にしてみれば、元金への充当よりも利息のみ支払い続けてくれる顧客のほうが上客になります。借りたお金は可能な限り、早く返済してしまって元の生活に戻りましょう。