本文へスキップ

消費者金融

個人信用情報とは

個人信用情報とは、消費者金融からキャッシングをしたり信販会社のクレジットカードで買い物をしたりした利用履歴の情報です。金融会社が顧客の返済能力を見極める際の重要な審査基準となります。銀行業界、信販会社、クレジットカード業界、キャッシングローン会社などが別々にデータベースを構築していますが、自己破産や支払いの遅延行為などの事故情報(ブラックリスト)に限って相互交換しています。消費者金融会社のデータベースは情報の量、内容、スピードで他の機関の情報を凌駕しています。消費者金融は銀行業界と信販業界のデータベースが未整理であることを理由に、情報交流が進みませんでしたが、多重債務の防止を理由に通常の顧客の情報(ホワイト情報)の交流が始まりました。

無利息ローン

信用取引履歴

登録された自分の個人信用情報には、個人属性情報と信用取引履歴の二点の情報があります。信用取引履歴には、延滞・代位弁済・債務整理などの事故情報が含まれます。返済事故を起こしていない通常の取引内容をホワイト情報(ポシティブ情報)と言います。現在、国内には四つの個人情報機関が存在していますが、いずれもデータの利用は各金融機関所属の会員に限定されており、情報の相互交流は若干の例外を除いて実行されていません。例外とは、全情連、全銀協、CICが事故情報(ブラック情報)に限定して情報交換を行っています。