本文へスキップ

審査の甘い消費者金融

間接金融と直接金融

証券会社の分配技術によって媒介される直接金融と金融機関の変換技術によって媒介される間接金融では、資金配分に関する意思決定とリスク負担の配分の有り方において大きな相違があります。それゆえ、それぞれの金融方式の相対的比重は、一国の資金配分とリスク負担配分の効率性にも強い影響を与えるといえるでしょう。直接金融の倍には、資金配分を決定するのは最終的貸し手自身になります。無論、証券会社は情報の提供やアドバイスを実行することを通じて、最終的貸し手の意思決定に影響を及ぼします。しかし、あくまでも最後の決定を下すのは、最終的貸し手自身にほかならないのです。最終的貸し手がいかなる本源的証券を選好するかによって、資金の配分先が決定されることになります。

無利息ローン

リスクの負担

また、本源的証券を最終的貸し手が直接保有することから、当然にそのことに伴うリスクは最終的貸し手自身によって負担されなければなりません。証券の債務不履行や価格変動に関するリスクの負担は、その保有者に帰属します。つまり直接金融においては、投資家の自己責任が基本原則ということです。これに対して、間接金融の場合には、最終的貸し手は金融機関の選択を通じて資金配分の決定に間接的に関与するに留まり、最終的な資金配分の決定は金融機関に委託されることになります。したがって、どのような資金配分が実現されるかは、金融機関の裁量に委ねる部分が大きいのです。